FC2ブログ

オレたち花のバブル組 池井戸 潤著

「オレたち花のバブル組」(池井戸 潤著)を読んだ。
オレたち花のバブル組

一作目に続き、これも面白い。
むしろテンポはますますよくなり、すいすいと読める。

営業第二部次長の半沢直樹は、
法人部が200億の融資をした伊勢島ホテルの担当を命じられる。
伊勢島は、老舗の名門ホテルながら、
金融資産の運用に失敗し、120億の損失を抱えており、
今年度も赤字決定。

金融庁検査を控え、伊勢島が分類債権になれば、
一気に銀行経営を左右する重大事だけに、半沢にかかる責任は重い。

半沢が奮闘する陰で、
伊勢島が京橋支店の所管だった時、
損失発生を握りつぶした旧東京第一銀行(旧T)派閥の暗躍があり、
銀行の上層部は一枚岩どころか、
むしろ頭取の失脚を狙っているのでは、、、というような状況。

そんな中、半沢は、降りかかる火の粉を払いつつ、
損失隠蔽の経緯を明らかにし、
同期で出向第一号となった近藤と協力し、
旧Tの筆頭大和田常務の闇を暴き出す。

大組織の、顧客や社員ではなく、保身にひた走る上層部に挑み、
なぎ倒していく様は、いや、痛快!痛快!

同時に、人間、どこでレールを踏み外すか、
考えさせられる。

本当に面白い一冊です。



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ひとり歩きの登山技術 工藤 隆雄 著

「ひとり歩きの登山技術」(工藤隆雄著)を読んだ。
ひとり歩きの登山技術

副題に「不安な単独行から幸福のひとり歩きへ」とあるとおり、
ひとり歩きを楽しむべく、
ひとり歩きの魅力や長く続ける秘訣、
どうやって始めたらいいか、いざというときの対処法などを
分かりやすく紹介した一冊。

確かに「ひとり歩きはいいな!」と感じたんだけど、
具体的な技術についてはあまり触れられていないんだよね。

いってみれば、導入の一冊かな。。。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

オレたちバブル入行組 池井戸 潤 著

池井戸 潤の「オレたちバブル入行組」を読んだ。
100000009000987923_10204_003.jpg

いや~、面白い!
主人公の半沢直樹は、東京中央銀行大阪西支店の融資課長。
支店長が押し込んできた西大阪スチールへの5億円の融資が、
半年も待たずに焦げ付いてしまう。

支店長は、自分のミスは棚にあげ、
半沢に責任を押し付けようと、裏で色々と画策。

半沢は、支店長の執拗な罠を一つひとつ振り払いながら、
債権回収に奔走するが、
やがて、これが、支店長も一枚かんだ計画倒産であることに気づく。

ここから、半沢の逆襲が始まり、
債権回収も成功。。。

半沢の筋を通し容易に屈しないキャラクターに加え、
取り巻く同期や、竹下鉄工のおやじもいい。
人間が追い込まれたとき、どう行動するか、
人物描写も面白い。

支店長を追い詰めていく半沢のしつこさ、
これはなかなかのもの。
ドラマで倍返しのフレーズが有名になったが、
ギリギリと追い込んでいく様は、
支店長目線で書かれているため、読む側も苦しくなってくる。

そして、最後の最後、
結局は自分のポストと引き換えに、支店長の不正を見逃すというのも。。。
人間の弱さなのか、したたかさなのか。。。

ストーリーとして面白いだけでなく、
色々と考えさせられる小説なんだな。。。



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

たけたろう

Author:たけたろう
いい本を読んだときは、誰かに伝えたい。

仕事で必要なものから関心があるもの、
趣味・娯楽まで、読んだ本の感想を
綴っていきます。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR